コンタクトレンズは高度管理医療機器です。

高度管理医療機器とは「医療機器であって、副作用や機器の機能に障害が生じた場合に
生命や健康に重大な影響を与えるおそれがあることから、適正な管理が必要な医療機器。
薬事法に基づく医療機器のクラス分類でクラスⅢ・Ⅳに分類される。」と書かれています。
コンタクトレンズはこの中でバルーンカテーテル・人工骨・人工透析器と同じクラスⅢに分類されています。
コンタクトレンズは視力を矯正し、直接目に触れるものだから厳しい管理を求められているのです。

コンタクトレンズやケア用品の取り扱い方法を誤ると、角膜潰瘍などの重い眼障害につながることがあります。
また治療せずに放置すると失明してしまうこともあります。

コンタクトレンズを安全に装用するために、使用する際は必ず取り扱い説明書をよくお読みいただき、
眼科医の指示に従って正しい取扱方法をお守りください。