補聴器をお使いの際に最も困ることの一つが、

「ピーッ」という雑音(ハウリング)です。

 

補聴器はご自分に合わせたイヤモールドの製作と

補聴器の調整でこの問題を大きく改善することができます。

 

 

 

  

 

耳かけ型補聴器には

いくつかのサイズが異なる「てるてる坊主」のような形をした

既成の耳せんが付属しています。

 

 

簡単に装用できるため、

補聴器から出す音の出力が小さく

音漏れが少ないようなケースには向いていますが、

 

中度・高度難聴の方で

補聴器の出力を上げなければならないケースでは

耳穴の十分な封鎖が得られず音漏れが生じる場合があります。

 

 

この漏れた音を補聴器が再度増幅してしまうと

「ピーッ」という雑音(ハウリング)が発生するため、

十分な補聴効果が得られません。

 

 

出力が小さい場合でも食事や会話の際に

アゴを動かした時に耳せんが動き、

耳穴との隙間が生じると

同様にハウリングが起こることがあります。

 

 

 

 

 

 

人それぞれ耳の形は違います。

このイヤモールドは耳の型を採らせていただき、

製作するため音漏れが劇的に改善します。

 

 

ピーッ」という雑音(ハウリング)が多い方や補聴器が外れやすい方、

補聴器を失くしてしまうかもとご心配の方には、

イヤモールドの製作が大変効果的です。

 

 

 イヤモールドは硬いプラスティック素材や

柔らかいシリコン素材などを用います。

 

 

店頭で耳穴の型を採らせていただき、

製作日数は約7日~10日です。